2011年10月17日

 終わった〜〜〜〜

毎年 10月は 硬筆の昇段試験顔(汗)

ここんとこ 何かと忙しく じっくり書いてる暇もなかったたらーっ(汗)

今年は5段に挑戦がく〜(落胆した顔)

4段までは結構スムーズにいけるらしいけど、ここからが6段、準師範、師範
とぐぐっと 難しくなるらしい顔(なに〜)

なのに、全然 じっくり書き込めず 今日18時には先生のところに
もって行かないといけなくて 「えいっどんっ(衝撃)これで
ええわいもうやだ〜(悲しい顔)」という感じあせあせ(飛び散る汗)

書道をはじめたのは 8歳〜 20歳ごろまで続けていたけど 引越しと 看護学校の過酷さに断念・・・・。

当時は 読売系の書道の先生に師事していましたが・・

そして、5年ほど前に 子育てにも余裕が出てきたのもあり 復活!!

しかし、滋賀県でなかなか 読売系の先生がいなくて 滋賀県書道協会
という 所謂 毎日系(わかりやすく言えば ばくざん先生系・・字がアートの要素が強いということかな?)の先生が

近くの公民館に教えに来ていたので そこに行くようになった・・。わーい(嬉しい顔)

今までとは全然違う 方向性(同じ楷書でも全然筆の使い方や使う筆自体も
違うたらーっ(汗)

なんと!小学校て書いてる書道・・ はっきり言って 驚きました顔(なに〜) なんじゃこりゃexclamation&question

とにかく 筆は 個性豊に アート感覚で 字の形は硬筆で学ぶというスタンス。

筆で 象形文字書くんですよがく〜(落胆した顔)

ちなみに下写真、息子が賞をもらって、大津の西武に
展示してもらった時のですわーい(嬉しい顔)
PAP_0146.JPG

学校も全部こんなんですよ顔(笑)

でも、両方やってみて どちらのおもしろさも 知れて 逆に今 おもしろいです。

機会があれば また 読売系の書道もしたいな顔(イヒヒ)

ニックネーム ひでん at 23:30| Comment(0) | 書道のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント