2011年11月09日

あえて言います!こんな馬鹿飼い主がいます!!

mixiのマイミクさんが、東大阪市動物指導センターで、引き取り・持込された子達の理由の書いた正式な書類を公文書開示請求して 取り寄せられました。

先日の「小さな命の写真展」も本当に衝撃的でしたが、
この書類も、同じくらい衝撃を受けました。

東大阪市は 収容動物の譲渡は子犬か子猫だけです。
迷子犬・猫は飼い主が現れなければ、全て処分です。
ボランティアは一切受け入れていません。
そして、飼い主の持ち込み、引取りは全て即処分です。

なぜ、私がそれを知るようになったかと言うと、今年7月に東大阪に収容された12歳のメスのシュナウザーの情報を知りました。(その情報を発信しておられたのがリンクにもある『もーちゃんの連絡帳」でした)

でも、何も手を出すことができず、処分されてしまいました・・・。

現在、東大阪市は やっと HPでの情報提供を始めました。写真の掲載は
ありません。

この状況を変えたいと、数名の方が 東大阪市議会議員ともに署名を始められ
議会にもっていけるように頑張っておられます。

この後、東大阪の 馬鹿飼い主の持ち込み理由をご覧下さい。
馬鹿飼い主その1


子猫の持ち込み16081677_1400714340_243large.jpg
理由:予定外の繁殖

ざけんなよパンチ

センターの指導これまた 役所仕事かよどんっ(衝撃)的な内容。
最後、の誓約書の文章見てください! 『安楽死処分されることに・・』・・・・exclamation&question

安楽死exclamation&question はっきりと「窒息死させて、焼却します」となぜ
伝えないexclamation×2

ざけんなよむかっ(怒り)パンチ
16081677_1400714338_40large.jpg
こんな飼い主は、また同じことを繰り返すに決まってるやろがBad

馬鹿飼い主その2
21年一緒に暮らした愛犬の持ち込み
16081677_1400714351_231large.jpg
理由:病気、近所に苦情
16081677_1400714353_224large.jpg
持ち込み後、娘婿が返還を希望し引き取りに来たが、既に「安楽死処置」
されていた・・・。
『新しい飼い主を探しましたが見つからず・・・exclamation&question

はぁexclamation&question 見つからず・・って、努力してないの丸分かりちゃうのんexclamation&question

この最後の誓約書の文章、明らかにおかしい。東大阪市がいかに、努力をせず
怠慢こいてるかの証明。

その316081677_1400714354_242large.jpg

その416081677_1400714356_166large.jpg

その516081677_1400714358_67large.jpg

その616081677_1400714362_124large.jpg

その7驚愕の理由:引越しのため16081677_1400714363_16large.jpg

その8理由:家族の事情16081677_1400714365_138large.jpg

4歳のトイプーなら里親さん何ぼでも見つかるはず・・。
センターは一体どんな指導をしてるんやろexclamation&question

殺処分ゼロに成功している、熊本市は 『嫌われる行政になろう』と
あえて、持ち込み飼い主に対して厳しく接しておられる。

是非、ご一読下さい!
『ゼロ!』 殺処分0をめざした熊本市動物愛護センターの心優しき戦士たちhttp://renzaburo.jp/contents_t/061-katano/index.html

結局、持ち込む人は嘘をついてでも持ち込むんでしょう・・・。

16081677_1400714366_176large.jpgこれは平成22年度のものです。 東大阪の方々が色々、センターに言っても、全く聞き入れる様子なし
だそうです。

HPに情報を載せるようになったのも、結局のところ、議員さんが間に入ったこともある様です。

結局は 「権力」にしか従わないと言う姿勢の現われではないのでしょうか?

住民の声は見下す・・・・ 本当に 役人は民衆のために動くんやろexclamation&question、誰が納めた税金でおまんま食べてるんexclamation&questionと言いたい。

悲しいことに、全国にはもっと沢山の 馬鹿飼い主がいるんです。

2度と、動物を飼う資格なしexclamation×2飼えないシステムを作って欲しい。

【東大阪 収容動物の最新記事】
ニックネーム ひでん at 00:00| Comment(0) | 東大阪 収容動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント