2012年04月21日

やっとこさ更新、、春になると繁殖屋の遺棄が多くなる(怒)

ここのところ シュナの収容が盛りだくさんだった顔(え〜ん)

新潟、京都、埼玉、岐阜4匹、立て続け・・・・たらーっ(汗)

そのうち 京都、岐阜の3匹はおそらく繁殖屋の遺棄です。

繁殖屋は 夜中に県境の人里はなれたところに 必要のなくなった
繁殖犬を 捨てます。

真っ暗な中にですよexclamation×2

横着物の繁殖屋は 数匹を同じ場所に遺棄します。

今回の岐阜と京都は悪質ですパンチ

てんてんと場所を変えて 一匹ずつ捨てていきます・・・。

なぜわかるのかといいますと、

各自治体には迷子犬の情報があります。(ないところもあります)

一度に同種または異種の小型犬が複数収容されていて

全てが同じ保護場所のときはまず確実です。

てんてんと捨てている場合でも、ぼろぼろの事が多く
一度に収容されている場合は疑います。

今回 繁殖屋の遺棄と思われるシュナの写真です。
岐阜12.4。16ケアン.jpeg岐阜12.4.16.jpeg

この子達は、今のところ里親希望者がいらっしゃるということです。
万が一のときは、TSRで保護する予定です。

この仔は、テリア系と掲載されていますが、保健所の方も正直わからない
とおっしゃっていました。
P1020063.jpeg

本当に、この仔は今までどんな楽しみがあったんでしょうか・・・
「繁殖屋 出て来いや〜〜パンチお前らこそ、ドリームボックスに
ぶち込んで、炭酸ガス注入したるどんっ(衝撃)


担当の職員さんもおっしゃっていましたが、「現行犯でしか捕まえられない」
のだと・・・。

この仔を個人的に保護できればと思い,伝えましたが、
威嚇が激しく、近づくと歯をむき出して触れないため、譲渡できないと
言われました。  では、処分ですか・・?

岐阜県!凄いです! 処分ゼロを目指しておられ(やむ終えない場合もある
とは言ってましたが) この 「レゲー」ちゃんも、どうにか
道を作れるように努力するとおっしゃっていました!!

そこで、「トレーナーさん」または「トレーナーさんの援助が受けれる方」なら譲渡も考えれるかもしれないようです。

どなたかいらっしゃいましたら よろしくお願いしますもうやだ〜(悲しい顔)

最後に・・・

ペットショップでかわいい子犬が売られています。

その裏では、この様な繁殖犬が 何度も何度も数年に渡って
子供を産まされ、6歳ごろになると 必要ないと捨てられる
現実が後を絶ちません。

正当なブリーダーももちろんいます。

何度も産まされ、カルシウムが失われ、顎の骨が溶けてしまう仔
もいます。

うちのポッターも 声帯をつぶされ 運動も満足にしてもらえず
挙句の果てに 大分の山に捨てられていました。

ペットショップに行く前に こんな子達に
目を向けていただけませんか?

はじめはぼろぼろでも 愛情を持って接してあげると
見違えるようになります。

繁殖屋を撲滅できるよう 声をあげていきましょう!

ニックネーム ひでん at 01:19| Comment(0) | 動物愛護って | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント