2012年07月20日

犬の良さを引き出すのは人間、、。

とても嬉しいことがありました。

とある センターから保護したしゅなちゃん。

「立った立ったクララが立った!」
と言う感じです。

 初めて、お散歩ができました。

ユー二ちゃんとムートちゃん。

初めは2匹が同じ飼い主さんに飼われていて迷子になった
子達だと思ってました。

しかし、預かりさんが見ているうちちに 色々なことが
わかってきました。

声帯をつぶされていること、お尻に大きな傷があったこと
肉球がはがれていることなどなど、、、。

やはり ブリーダーの遺棄であったと判断しました。

お尻の傷は カットの時初めてわかりました。

まずはユーにちゃん
 収容時
  70015929_43s.jpg

 保護直後
  1214530188_11s.jpg

 カット後傷が判明1216001341_66s.jpg1216001341_104s.jpg

 現在
 1214530188_11s.jpg

ムートちゃん
 収容時
  70015929_158s.jpg背中の傷に ヨーチンが掛かっていました

 保護時
  クレートから出てこなかったそうです
  1214540684_172s.jpg

 30分も立ったままで動かなかったそうです
  1214540684_44s.jpg
 これは、保護時のポッターもありました。

 現在
 P7180739.JPG

この中に、ユーニちゃん、ムートちゃんがいますわーい(嬉しい顔)
P7180763.JPG

滋賀に遊びに来てくれた時
 ユーニちゃんが初めて リードを付けてお散歩できました。
 ムートちゃんも外に出すとぶるぶる震えていたそうですが
 震えなかったんですよ。

 他のしゅなたちと一緒にすごすことで色々覚えることが
 できたのではないのでしょうか?

この子達はどんな風に生きてきたのでしょうか?
犬らしくすごしていなかったのは確かです。

ペットショップで売られているかわいい子犬たち。

とあるショップではシュナウザーの子犬が39万円で売られていました。
(マイクロチップを推進しているペットショップがネットで販売していたので
 ちょっと疑問に感じますが)

その子犬たちの母たちは このように犠牲になっていることが沢山
あるのが現実です。

多犬種を扱っているブリーダーの裏側は悪質なことが多いようです。

2〜3種類の犬種までを扱っており、副業としてブリードを行っている
ところが正当なところが多いと言います。

ユーニちゃん、ムートちゃん、スカイちゃん うちのポッターも
おそらく悪徳繁殖業者の遺棄したしゅなです

買う人がいるので 悪徳業者が儲けてしまう。

このようなことを知ってもらうには 啓蒙しかないですね。

皆さんの周りで ペットショップから子犬を買おうとしている人が
いたら、正当なブリーダーを選ぶように言って下さい。

また、できれば このような人間の犠牲になった子を迎えて
下さるように進めてください!

ニックネーム ひでん at 00:00| Comment(0) | TSR 保護 シュナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント